水道水ウォーターサーバーをレンタルするメリット

ウォーターサーバーは水を買わない水道水タイプが定額のレンタル料金で使い放題。電気代も省電力機能で夜中の消費電力を低減し電気代節約。音の静かな水道水ウォーターサーバーなら赤ちゃんも家族も快眠。水道水ウォーターサーバーの気になる電気代は。

水道水ウォーターサーバーをレンタルするメリット > 水道水ウォーターサーバーをレンタルする時の電気代

ウォーターサーバーは水を買わない水道水タイプが定額のレンタル料金で使い放題。電気代も省電力機能で夜中の消費電力を低減し電気代節約。音の静かな水道水ウォーターサーバーなら赤ちゃんも家族も快眠。水道水ウォーターサーバーの気になる電気代は。

水道水ウォーターサーバーの電気代節約機能

ウォーターサーバーは、もはや贅沢品ではなく、家電製品として考えている人もいるようです。家電量販店で売られているケースは少ないですが、電気で動く仕組みである以上は電力消費は低いほうが良いですよね。ウォーターサーバーの電気代は総じて安定して低い水準にありますよ。価格ドットコム調べでは、300円から1000円以内に、ほとんどのウォーターサーバーの電気代は収束します。ウォーターサーバーだって電気代は安いほうがいいに決まってますが、深追いしても電気代はゼロに近い機種はありません。

ウォーターサーバーは基本的に電源は入れっぱなしですから、節電モードが搭載されているウォーターサーバーは、やはり電気代は抑えられています。

楽水ウォーターサーバーは、月額3,500円(税込)で使い放題の水道水を使う格安ウォーターサーバーです。他のウォーターサーバーと比較にならない程の格安さです。更に基本機能としてエコモード搭載ですから、ウォーターサーバーの電気代の相場以上にはなりません。

エコモードとは、特に夜間の消費電力を抑える機能です。光センサーによってウォーターサーバー周辺が暗くなると、自動的にエコモードとなって加熱による電力消費を抑えます。日差しや照明によって明るくなると通常モードになります。

稀に日中でも薄暗い場合、エコモードに切り替わってしまい、必要な時にお湯が使えないケースも散見されますが、そのような時はエコモードを解除して使う事になります。

具体的な電気代の金額については、設置される場所によって違いが出るために算出は非常に難しいですが、価格ドットコムの調べでは天然水ウォーターサーバーなら、1ヶ月約330円から1,000円の幅になっていました。

楽水ウォーターサーバーの消費電力は、冷却85W、加熱ヒーター350Wです。数字の近い製品をざっと見てみると、約400円前後と想定できます。この電気代はかなり節電の水準にあると考えて良さそうです。

水道水以外のウォーターサーバーの電気代

ウォーターサーバーの電気代を自社サイトで目安の金額を公表しているメーカーは多くなってきました。チェックして比較すると、1ヶ月の電気代は400円台から1,000円前後で収束しています。ここまで電気代を比較されるのはウォーターサーバーやエアコンぐらいですが、ウォーターサーバーのイメージから、電気代が高額に見えるのならば、それは誤解です。高い電気代は必要ありません。

公表の例を出すと、無料お試しで顧客を増やし続けている、業界トップシェアと言われる老舗のクリクラです。ある条件の下で使われた場合の電気代を公開しています。クリクラのサーバーは2種類4タイプについて、それぞれ算出しています。1ヶ月間でボトル4本利用の平均値で、電気代は22円/kWhの結果がコチラ。

クリクラサーバーL 平均1,283円/月
クリクラサーバーS 平均1,140円/月
クリクラ省エネサーバーL 平均535円/月
クリクラ省エネサーバーS 平均524円/月
(Lは据置型、Sは卓上型)

クリクラサーバーは意外と電気代が高いですね。高くても700円台までの機種を選ぶべきかと思います。省エネサーバーは優秀なのではないでしょうか。温水を作るヒーターの熱効率や温水タンクの保温性能の向上で、電気代を抑えられています。

ただし、省エネサーバーをレンタルする際は、初回金7,000円の負担が必要です。この初回金を見込んで、1年間の電気代を計算してみると、

■クリクラサーバーL 15,396円
■クリクラサーバーS 13,680円
■クリクラ省エネサーバーL 6,420円 + 7,000円 = 13,420円
■クリクラ省エネサーバーS 6,288円 + 7,000円 = 13,288円
(Lは据置型、Sは卓上型)

初回金を支払ってもクリクラ省エネサーバーの方がお得になります。つまり1年以上使うのであれば、クリクラの場合は省エネサーバーをレンタルすると良いですね。ちなみにクリクラには契約期間の縛りはありませんので、無料お試しの際に、再度確認して使い勝手をチェックしましょう。必要性を感じたらレンタルするだけです。

ウォーターサーバー電気代シミュレーションと便利ツール

ウォーターサーバーの電気代が公式サイトに掲載されていない時、電気代をシミュレーションする方法はあります。計算式のテンプレートとして、下記を利用して頂き、お目当てのウォーターサーバーの数字に置き換えるだけです。最高温度と1kWhの電気料金を変えるだけなので簡単です。

【計算条件】
・最高温度は95度
・水の温度は10度(仮定)
・水の比熱 4.187J/(g・℃)
・熱効率 100 ←あり得ないですけど便宜上
・水の量 12リットル ← 宅配天然水ボトル1本分
・1kWh単価 25円 ← 電気料金プランで違いますが便宜上

【計算式】
温度差 95 - 10 = 85度
電力量 1,200g(12L) × 85度 × 4.187 = 427,074J kWh
変換 427,074J = 0.118632kWh
電気代 0.118632kWh × 25円 ≒ 2.96円

正確なものではありませんが目安となる数字は出ますよ。上記の条件下では、

・10度の水を95度にまで上昇させる電気代は2.96円
・1日5回沸かしたとすると14.8円
・1ヶ月30日で444円

冷水にする時も電力は必要なので、プラスアルファを考慮しても、1,000円は超える可能性は低いと考えてよさそうです。今回の計算例で使用した数値データは、楽水ウォーターサーバーを参考にしました。この計算は節電モードで夜間はヒーターが動かないようになるので、湯を沸かす回数はもっと少ないかもしれません。

もし正確に電気代を知りたいなら、検電器を使用する方法があります。


ワットモニター(検電器)[TAP-TST8N]

ウォーターサーバーをレンタルしてからでないと測定できないのが最大のデメリットなので、まずは身近な家電の中から、ウォーターサーバーの最大消費電力W350に近い家電を測定すると、近い数字が出ます。40型のプラズマテレビがW350の消費電力ぐらいなので、他にも該当するもので試してみてください。ちなみにドライヤー電子レンジは消費電力が高過ぎるのでウォーターサーバー代りにはなりません。

ウォーターサーバーの電気代の他に確認すべき費用

ウォーターサーバーの電気代は、がんばったところでゼロにはならないので、必要以上に深追いするのは無意味です。電化製品を設置するというだけで電気代の負担が増えるわけですから、せいぜい無駄に消費電力を使わないように、節電機能のあるウォーターサーバーをレンタルすれば、それだけで電気代が抑えられるのでヨシとしましょう。ウォーターサーバーを選ぶときは電気代より大事なことがあります。

料金体系とスポットで発生する費用です。料金体系をおさらいすると、

■宅配水ウォーターサーバー → 従量課金制
■水道水ウォーターサーバー → 定額使い放題

これは揺るぎない基礎知識です。宅配水ウォーターサーバーは、水の使用量が把握できないので想定外の費用負担になる事が多いリスクがあります。水道水ウォーターサーバーは天然水が飲めないデメリットがあります。費用負担の上限が無いけど天然水を利用するか、費用負担は定額だけど浄水で納得できるか、レンタルの時に決めておきましょう。

宅配水ウォーターサーバーは12リットルボトル2本をセット販売することが多く、毎月1セットは定期配送で受け取る事を条件にしているウォーターサーバーがほとんどです。24リットルで毎月足りるなら、宅配水ウォーターサーバーでも良いですが、24リットルに抑えるのは難しいですよ。夫婦ふたりが、それぞれ500mlを毎日飲むと、3週間持たない量です。新生児の赤ちゃんは、80mlを10回程度授乳するのですが、1ヶ月で24リットルが必要なので、到底、1セットでは足りないんですね。

このようにウォーターサーバーの冷水や温水を何に使うのかを、ある程度はっきりさせて、水の使用量を予測するだけでも費用負担が見えてきます。天然水が飲みたいというだけでは、収まらないのが宅配水ウォーターサーバーの落とし穴です。あまりに毎月予算オーバーするので、解約したくても解約金が発生するで解約すら出来ない状況にある人もいます。使わない水が毎月配送される事ほど無駄なことはありません。

毎月の水の使用量がわからないからこそ、定額使い放題にしておくべきなんです。